アニメ『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』第3話ED映像 「チカっとチカ千花っ♡」がバズったわけを考察

アニメ『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』の第3話ED「チカっとチカ千花っ♡」がめちゃくちゃバズっています。

このED映像、確かにキャッチーで可愛くて人気になるのもわかります。

海外でも人気なのがすごいですよね。

今回はこの映像がバズった要因について考察します。

「チカっとチカ千花っ♡」の詳細

 劇中歌「チカっとチカ千花っ♡」

歌:藤原千花(小原好美)

作詞:福島真希(Ongakushitsu Inc.)

作曲:福島節(Ongakushitsu Inc.)

振り付け 菅尾なぎさ(クリウィムバアニー)

劇中歌制作協力 本多優香(Ongakushitsu Inc.)         

        松浦智香(Onion Inc.)

引用:TVアニメ『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』第3話エンディング映像 ♪「チカっとチカ千花っ♡」

 作詞にも作曲にも出てくる「Ongakushitsu Inc.」っていうのはCMなどの音楽を制作しているプロ集団です。

作詞作曲ともに福島さんですが、この2人夫婦です。

全部手書き

この映像、僕は最初3Dかと思っていました。

ですがこれ全部手書きらしいです。

現在は見れませんがニコニコで線画が公開されていましたが当たり前ですがホントに全部手書きでしたw

おどろきなのがこれ全部1人で書いたらしいです。

書いた人は中山直哉さんです。

この映像で描いた原画枚数は845枚作画枚数は合計で1124枚です。

中山直哉さんというと元京アニ所属で「中二病でも恋がしたい!」や「響け!ユーフォニアム」の原画を担当していました。

A-1Picturesに参加している今では現在放送中の「約束のネバーランド」も担当しています。

ロトスコープ

この映像の制作にあたって「ロトスコープ」という技術を使うことでここまで滑らかな映像を制作することが出来たらしいです。

振り付けの菅尾なぎささんが実際に踊ることで完璧な映像に仕上げています。

作詞・作曲

作詞の福島真希さんと作曲の福島節さんは先ほどお伝えしたように夫婦です。

現在は2人でOngakushitsu Inc.に所属しています。

福島真希さんはいくつかのCM制作や乃木坂46のMV制作に関わっています。

福島節さんはすごい数のCM制作をしています。

福島節さんの制作したCMはここから見ることができます。

参考 福島節さんの作品Ongakushitsu Inc.

3人の組み合わせ

振り付けは菅尾なぎささんなんですが、実は今まで紹介した福島真希さん、福島節さん、菅尾なぎささんの3人は別の作品で一緒に活動していました。

それが乃木坂46です。

乃木坂46ではシングル毎に「個人PV」と呼ばれるメンバー1人1人の作品を作ります。

そこで元メンバーの伊藤万理華さんのPVをこの3人が担当していました。

伊藤万理華さんはアーティスト的な面のあるメンバーだったので自身の個展も開いており、その個展のPVも同じ制作陣で作られていました。

さすがに同じ制作陣なだけあって「チカっとチカ千花っ♡」と雰囲気似ていますね。

バズったわけ

何度も同じチームになったこの3人ならクオリティの高い作品になることは間違いなかったと言えます。

しかも福島さんはCM制作のプロです。

CMっていうと大体1分から2分のものが多いと思います。

今回の作品はCMのプロからするとかなりの得意分野だったのではないかなと思います。

作品の完成度が高くてバズるのは間違いないっていう話だと面白くないので1つ挙げるとすれば、意外性だと思います。

普通に考えてアニメの3話のEDでこんなのが来ると思いますか?

普通は思わないです。

大きな予告もナシにいきなりこんな完成度の高い映像が流れたら話題になるのは間違いありませんね。

他の人に話したり共有したくなるのは間違いないです。

OPもすごい

今まで3話のエンディングの話をしてきましたがオープニングも結構すごいです。

 なんとあの鈴木雅之さんが歌っています。

バブリーダンスで有名になった伊原六花さんも歌っています。

しかも作詞作曲はいきものがかり水野良樹さんです。

なんかもう色々詰め込みすぎてすごいですね。

おわりに

こういう作品は見てて楽しいので、大変でしょうけどもっと見てみたいです。

アニメ本編もかなりおもしろいのでEDを見て気になった人は見てみたら良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください